2017年06月25日

Gacharic Spin ライバー大宴祭 に参加してきた

いきなり何言ってんだよ感
ようはGacharic Spinってバンドのライブに行ってきたってことです。
そもそもGacharic Spinって何ぞやですよね。いやほんと。

そしていつもまにそんなバンドはまってんだよって









どんなきっかけではまるねんって感じなんですが友達と話してたんですよ。
そしたらその友達の友達がGacharic Spinとかいうガールズバンドにはまりまくっててライブ行きまくってるって話してたんですね。


「ほー」 と
そりゃ結構なことでくらいの感想だったんですよ。


まあ我輩はいまやアニオタはやめてただのハロプロ好きなわけで…娘。の春ツアー全国回るので忙しくてまあほかのバンドなんて興味ないよねーくらいなんですわ、たいていこういう話聞いてもはいはいそうですか程度なんですわ



ただ、なんとなく、ほんとなんとなくガチャリックスピンって言葉、おぼろげに心に残ってたわけなんですよ。



数日後、家のパソコンの前でその友達がいってたバンドなんだったかなと。ふと気になったんですよ。でも正確に覚えてなかったんです。名前。でも〜スピンだったのとガールズバンドだっていってたの覚えてて、「ガールズバンド スピン」でググったら出てきて…


まあWikipediaでもみようかと適当に見てたんですよ


そしたらメンバーの項目で


はな    ボーカル、ドラムス、キーボード  5月16日  O型
The Spade 13、アルメリア、平安、12.ヒトエの元メンバー


………


・・・


ん?




12.ヒトエの元メンバー




うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

まさかの12.ヒトエ!
佐野はな、まだバンド活動してたのか。


前にもこのブログで書きましたが10数年前大好きだったバンドが12.ヒトエで
ほんとわたくしの青春なんですよこのバンドは

12.ヒトエの記事


兵庫県のド田舎にいた私が東京に行きたいと思ったきっかけも12.ヒトエですし、まさにもっとも好きだったバンド!

こんなとこで再び出会うとは・・・
あまりの運命感に最速でYOUTUBE
とりあえず曲聞いてみようと思ってみたのが






センスありすぎ!!

なんじゃこのpvは。天才か!
シャキシャキするわ


しかも佐野はなめっちゃかっこよくなっとる
12.ヒトエではヤンキーっぽい女子高生って感じだったのに大人の綺麗な女性になっててビックリ


もうとにかくこのpvのフルが見たくてすぐに確実変動っていうアルバムをamazonで購入


で、曲を結構聞いたんですが…結構オーソドックスなロック。演奏うまい…というかドラムはまあ普通として、ギターとベースはガールズバンドでこのレベルの演奏できるバンドいないんじゃないかと。あまりにレベル高いんで最初、演奏してないんかと思いましたわ


そしてやはりシャキシャキしてのpvのセンスの高さ
いやすごいねこれ


その後もアルバム買いそろえて一通り聞いてそれなりにはまって…そうしてたら友達の友達がその話聞きつけたらしく一緒にライブ行こうって話になってチケットとってくれて今回の日比谷野音のライブに至るというわけです



長い前置きだなー笑


で、行ってきたわけですがなかなか素晴らしかった
なんていうかエンターテイメント性の高さがすごい


上のpv見ていただけたらわかるようにこのバンド、パフォーマーってポジションがあるんですよ。そのおかげで視覚的に楽しい


ダンスに集中できる人がいるので基本的には楽器を演奏している人でなくパフォーマーを見て楽しめます


フリコピも、結構ほかのバンドだったら右左逆に真似しなきゃいけないところ、パフォーマーを真似する前提なので鏡写しスタイルで真似できるようになってるのですぐマネできますし


ライブを盛り上げる工夫も満載で映像も凝ってて、中央ブースに移動するのは普通に客席通路を通る、kids?という若年層パフォーマー達が盛り上げる、ゲスト来たりとても楽しかったです


ゴー!ライバーっていう名曲を二回やるとことかMC面白いところとかとてもとても満足でした



だからライブのDVDが出るのか知りませんがでるならとてもとてもおすすめします
シャキシャキしてやらのYOUTUBEにあがってるPV見てちょっとでも気になったら買ってみてはと思います



半面、ライブはこのバンドにハマりたての人や初心者が行くにはハードルが高いと感じました


まず、必須アイテムが公式ペンライト、光る手袋、タオルと多すぎる


ペンライトはキンブレ何本ももってますから一応…と思って3本ほどもっていきましたが(つっても前日がモーニング娘。17の武道館だったんでそのままもっていっただけだが笑)使えませんでした。ほとんどみんな公式ペンライト(6色)をふっているんですよ。しかも推しの色ふるとかじゃなくてこの曲のここでこの色で振るみたいなことが決まっている様子でたぶん数回いく、もしくは相当予習していかないとペンライト使えません。でも必須です。Lock onとかめちゃくちゃ盛り上がる曲でペンライト振るんでないときついです。


またJUICY BEATSって曲で光る手袋使うんですが、これも必須レベル。曲がかなり盛り上がるすばらしい曲が故にほぼ必須。

タオルも必須。振るんでね。ただしタオルはまあ何のタオルでも許される感…があったりなかったり


のように必須アイテムと覚えていかなきゃならない最低限のことが多すぎる。にしては指南しているサイトとかが少ないです。隣の人の腰に手をまわして揺れるところとかまであるので知らないときつすぎます。あとそれなりにフリコピ前提の割には右左に動くんで同じ動きできないと感



さらに結構頭を悩ますポイントがあって、座席向かって右側と左側のノリが違う
これはもしかしたらたまたまかもしれません
でも個人的に思ったのは右側、TOMO-ZOさん側はお客さんのノリが激しい。とにかく動きが激しい。KOGAさん側はしっとりまではいかないまえも若干上品に演奏を聞こうって感じが出ています。でもチケットは平等にあたるだろうしたまたまかもしれません。まさか、TOMO-ZOさんファンが右側に行きたいがために、正規ルートではなくヤフオクとかで右側の席とってきてる…とも思えないですし席交換してる様子もなかったし。
うーん偶然かなぁでもなんか右左で結構ノリが違うきもしたんだよなぁ



あとバンドTシャツ率高すぎ。傾向としてお客さんのバンドTシャツ率が高いバンドは排他的度が高いことが多いと思ってます。まあそこまで排他的感はなかったですがなんとなく初心者は居心地よくない部分もありました。


総合して、ライブ自体はとても魅力的だが、初心者が行くにはかなりの予習が必要なのでまずはライブDVDとかみましょう。ライブDVDならかなりおすすめです


背中にキーボード背負ってオレオさんとまいさんが引き合うパフォーマンスがすばらしすぎた。とても楽しかったです


そんなこんなでGacharic Spinを応援していきたいと思います



まさか青春の12.ヒトエの続きがあるとは
ツインボーカルだった鴇田祐穂さんはもう歌うたわれてないようなのが寂しいですね
まあですねって誰が共感してくれるんだこの話題・・・

kanata37 at 20:36コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks