2011年04月12日

小学生の日記

前に実家帰ったときに、小学校三年生のときに学校で書かされていた日記を発見したので、もってきてたんですが


読み返してみるとくっそ面白い


とりあえず一例を











日記


今日、お母さんが、ぼくに話してくれたことなんですが、お父さんがぼくが寝ていて手がしびれていたのか、お母さんが起こしたら
「手、どこいった?」
と言ったそうです
そしたらお母さんが「上にあげとる」
といったそうです
そして上をみたら手があって安心したそうです
そしてお母さんがおおわらししたそうです
ぼくはそれを見て
まだわかいのにぼけてしまったのかなと思いました
ぼくは、「まだぼけたらあかん」とお父さんにいいました
でも、ぼくもしびれたらこわいので
今日は手をあげて寝ることにします














結論がおかしいいいいいいい


小学校3年の俺、頭悪いぞおおおしかし、文章めっさ書けてるううう

kanata37 at 02:06コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks