2008年02月11日

鋼鉄三国志オンリーイベント鋼鉄之宴に行ってきた

行って来ました。なけなしの勇気を振り絞って行ってきました。軽いレポです。



2月10日朝…7時30分起床。眠い…。

とりあえず予定を確認です。
7時30分  準備
8時30分  出発
9時45分  秋葉原到着、朝飯
10時15分 会場確認、時間をつぶす
 
みたいな感じ。

よし。とりあえず準備を…



よーし、忘れ物ないかな。とりあえず100円玉さえあれば何とかなるだろうけど一応万全の体制で行きたいから。

てか、すでにこの段階で緊張で足が震えてるんですけどw

おっ、8時半。よし出発







テレビ「みんな〜の応援が待ってる♪さあ進もう叫ぼう一緒に♪」








うわー。まだ2話なのに絵が崩れ…





やべーブンビーさん面白れー…



はっ!プリキュア5GOGO見てた。出発するんだった。

9時になってしまった。

ということで鋼鉄三国志オンリーイベント鋼鉄之宴にしゅっぱーつ♪










秋葉原にとうつき〜〜

むう。10時15分到着。なぜだ。予定より30分遅いぞ!どこで予定がくるった?

とりあえず朝飯を松屋で…

豚丼の食券買って「つゆぬき」で。

「うちはそういうのやってないから!」とかいわれることもなくさっと食事を済ませ損保会館にGO〜。






時刻は10時30分。損保会館に到着です。さてさて、入り口に…!?


入り口にスタッフらしき人が四人くらいいるぞぉぉ
 

やべえええ緊張してきたぁぁぁ。無理だぁぁぁ。


とりあえず遠目で観察です。





あっ、女の人が向かった





何か挨拶して何かもらって帰ってきた





どうやら整理券を配ってるようです。むう、緊張する…

とりあえずうろうろ〜うろろ〜





そんなことしてるうちに10時45分になりました。そうすると一斉に損保会館前に人が集まり始めてる。

い、今しかないw人にまぎれて…よし整理券もらったww







さてさてどうやら会場がもうすぐとのことで整理券順に並び始めました。

会場時間10分前。損保会館前には71人(うち女の人70人、男の人1人ってか自分w)という、恐ろしいほどのアウェー。まさか秋葉原駅から3分のところでこんなアウェーな環境になるとは思ってもみませんでした。


てか、やべえ胃が痛い…胃が…足ががくがく行ってる、てかテンパってるよ自分w
列に並んでるけど何していいかわかんねえ。てか、生まれて初めて身長高くなかって良かったと思ったwwなんとか身長的には溶け込めてる感じだ。








スタッフ「は〜い。10人ずつ並んでくださいね。エレベーターがそれだけしか乗れませんので。10人ずついきま〜す。」
しかしスタッフしっかりしてるな〜。


そしてエレベーターへ…

満員ってか、10人の女の人(うち一人スタッフ)と男の人1人(自分)がエレベーターに乗るという状況。なんだこの状況は。


上の階に到着。あいかわらず自分は手と足の震えがとまんねえええ。


さて、会場へ。パンフレットの購入があるはずなので100円玉用意して…確か500円ってHPに書いてあったような。





スタッフさんに整理券を渡して…

スタッフさん「パンフレットです。300円になります。」

??

500円から300円になったのか?まあいいや。300円渡してパンフレットを


????????????

1















世界がオレらを待っている???

なんだ?これ。とりあえず見てみよう。


ぺらぺら…


鋼鉄三国志じゃねえええええええ
 

なんでじゃああああああああああああああああああああ


どういうこと???どこで間違った???損保会館に来て、女性ばかりの列に並んで、エレベーター乗って…あれ????

って、これあの列自体が違うかったのか??てか、ここ損保会館??


やべええ。落ち着け。落ち着け。おおおおおおちちちいいいいいつつつ…


深呼吸〜

ふ〜うは〜あ、ふ〜うは〜あ。

「てか、ラジオ体操の深呼吸の手の意味がわからん。どう考えても手の動きないほうが深呼吸できるだろ」

はっ、意味わからんツッコミしている時点で自分落ち着いてる。よし。状況を確認しよう。

まずはこの世界がオレらを待っているのパンフレットを確認しよう。

てか、人多いぞおおおお。会場の規模と人があってねええええええええええ。







何とか、壁際の立ち止まれるとこに出た。

よし。パンフレットを確認だ。何かここも女性向け同人誌即売会みたいだから、まずは何の即売会か確認だ。


ぺらぺら…

「マル輪の、マル特」
「絹ごしどうふ」
「兄弟ラーメン」
「京都の白子笥」



まったくわかんねえええええええ
 


なんだ?サークル名じゃないよ。何かジャンル名みたいに絹ごしどうふとか書いてあるのですよ。


何のイベントなんだ?

ぺらぺら…

あった!「MASKED RIDER KABUTO Only Event」

MASKE…

仮面ライダーカブトかぁぁぁぁぁ

しかも損保会館5階って書いてある。鋼鉄の宴は4階だ。間違えたww


てか、損保会館の前に列できてて、大きなかばんもった女性ばっか並んでたら間違うってwwwwww


って、完全に確認しなかった自分が悪いな。整理券にも世界がオレらを待っているって書いてあったわ。そういえば。あまりの緊張に、それがイベント名だとまったく気がつかなかった。


しかし開場10分とかで退出とかどうなんだ。失礼すぎる。

まあ、間違って入ってる時点で失礼との説ありですが。とりあえず20分くらい見回ってみよう。






てか、絹ごしどうふってキャラ?そんな呼び名がついてるのか。





ふう、20分くらいたった。退出だぁぁ。

スタッフの人に本気で深々と礼をして退出です。もういろんな意味ですいませんと。
作品が好きな人が集まってるところに、自分みたいなカブトを見たこともない人間が混ざりこんですいませんと心で思いつつエレベーターへ。






4階だ。

机には「鋼鉄三国志」の文字が。やっとたどり着いた。道は険しかった。


スタッフさん「参加者の人ですか?」
自分「はい。そうです。」
スタッフさん「500円です。」
自分「はい。」


さて、会場に…



あれ?何か男子禁制って書いてあるんですけどぉぉ!

ちょ、どうすんの?どうすんのこれぇぇぇ

と、立ち止まってると

スタッフさん「どうしました?コスプレは向こうで、会場は手前ですよ」





おお。男子禁制って書いてあるのはコスプレの更衣室のようでした。ビビった。まだ11時30分なのにもう今日なんかいビビったんだw

会場に突入〜

「うおっ!オンリーイベントだ!」とまったくもって普通の感想を口走ってしまうほどまさにオンリーイベントでした。


とりあえず一週見てくるか。







鋼鉄三国志だ!間違いない!


2週目はちょっとゆっくり見回る感じで…







どうやら同人誌のメインになっているキャラは凌統=呂蒙=甘寧=諸葛瑾=陸遜>太史慈>諸葛亮=孫権>周瑜>>>その他、みたいな感じだったです。

さすがに魏の国のたこやき屋の親父とか、蜀の国の頭に違和感のある男とか、馬になったおじさんを表紙にもってきている本はなかったです。


そんなこんなで3週目…さすがに入るまでにあまりにも緊張の連続だったので会場入ってからは結構緊張が解けていました。

と、いってもさすがに本を手に取るのは緊張だぁ。

4週目…そろそろ買おう。







「すいません。これ一冊お願いします。」





あっ、全然大丈夫だわw







最終的には

2

















凌統君への愛が爆発ww
 

てか、まあ即売会来たらこれくらい買うよね、よね?

で、サークルごとにシールがあって、何かサークルで購入するとそのサークルのシールがパンフレットに張ってもらえるスタンプラリーがあったんですが…

3















凌統君のシールで統一!

まさかの凌統君の清一色ww


凌統君でないキャラのシール担当のサークルでも同人誌買ったんですが凌統君以外のシールは張ってもらわずw

いや、なんとなく統一したかった!


そんなこんなしているうちに、コスプレスペースのほうからコスプレしている人が結構こっちに流れてきた。


コスプレスペースのほうは見にいかなかったけど、即売会のほうにきている人を見て、コスプレは甘寧が人気なのに驚き。10mの範囲内に甘寧が3人くらいいてなかなかすごい光景だ。


あと、半端じゃなく諸葛瑾のコスプレが似合ってる人がいたりと、隣のコスプレスペースにはいかなかったのに、即売会のほうに来る人を見てるだけで結構楽しい楽しい。










まあ、そんなこんなで、無事即売会に参加して楽しめたわけですが

後、他に印象に残ったことを少し書きます。


同人誌買ったときに

サークルの人「男の人に買っていただくのは珍しいです。女性向けのイベントにはよく参加なさるんですか?」

自分「いやー。どっちかというと鋼鉄三国志が好きで今回参加したって感じですね。」

サークルの人「そうなんですか。鋼鉄三国志いいですよね。」

みたいな軽い会話を交わしつつ即売会の雰囲気を楽しめたのがよかったです。



結局、男の人は自分ふくめて5人くらい?だった気がします。

しかも積極的に同人誌買ってるの自分だけw


他の人はサークルの人だったり、カップルだったり、スタッフの人とずっと話してたりそんな感じでした。

でもコスプレのほう見てないから正確にはわかりませんが。



で、スタンプラリーのシール5枚以上あつめたらもらえる開催記念CG集のディスクももらえて大満足でした。


で、イベント終了。いやー。楽しかった楽しかった。もう楽しすぎてへとへとです。ゆっくり帰って今日はやすま……


……

なわけないですね。だって目の前秋葉原なんですもん。とりあえず鋼鉄三国志で盛り上がってるので三国志つながりでゲーセンいって三国志大戦3やってランカーにボコされたり(せっかくなんで呉軍でプレイしたら求心ランカーがw)しつつ適当に遊んでで帰りました。




買った本の感想は書きません。楽しいものばかりだったんですが、感想書いたりしてサークルの人に迷惑になってはいけませんので。


ただ、ひとつだけ。これは主催者さんの本なので大丈夫かなと思って書かせていただくと、主催者である黄昏通信さんの「鋼鉄三国志データブック」って本がものすごい力入ってます。アニメ全話の内容をまとめたり、鋼鉄三国志の関連商品をまとめたりしてるんですがものすごいいい出来です。ちょっと半端じゃないです。感動しました。



まあ、そんなこんなで楽しい一日でした。鋼鉄三国志のよさを改めて実感しました。とりあえずDVDに収録されるというの第二十六話が楽しみすぎます。



kanata37 at 19:52コメント(6)トラックバック(0)鋼鉄三国志 | イベント 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by hirose   2008年02月12日 22:28
レポ面白かったです。
カブトのは貴重な体験ですね。
それにしてもジャンルw絹ごしどうふって一体...
そもそもイベント名からして微妙なところがありますがw
レイヤーさんもいたんですね。
諸葛瑾が好きなんで諸葛瑾コスの方がかなり気になります。
2. Posted by ピンクアフロ   2008年02月13日 00:43
レポキター!
カナタさんのレポは毎回最高ですねw
もう10回くらいモニタ汚してるような気がしますw
勇者お疲れさまでした。
楽しかったようでなにより。
3. Posted by カナタ   2008年02月13日 03:28
hiroseさん。コメントありがとうございます。

カブトはびっくりしました。完全に異次元でした。熱気がすごかったです。
絹ごしどうふはもう一体なにがなにやら。そんなキャラがいるとは奥が深いw

>諸葛瑾が好きなんで諸葛瑾コスの方がかなり気になります。

ものすごい似合ってたので遠めでみただけで感動しました。レイヤーの方結構いましたよ。呉の武将は大体いました。普段はコスプレとか気にならないのですが、鋼鉄三国志のコスは見ごたえありました。

楽しかったです。イベント行ってよかったです。
4. Posted by カナタ   2008年02月13日 03:33
ピンクアフロさん。コメントありがとうございます。

>カナタさんのレポは毎回最高ですねw

いやー。そういっていただけるとものすごくうれしいです。見ていただけるだけでも感謝感謝なのに、お褒めの言葉をいただけるとは!ありがとうございます。

>勇者お疲れさまでした。
>楽しかったようでなにより。

いやー。楽しかったです。なかなか勇気がいりましたが。最初、胃がものすごい痛かったですもん。でも楽しかったので途中からもう緊張なんて忘れました。

オンリーイベントもいいものだなと思いました。
5. Posted by 桃春姫   2008年02月23日 17:20
イベント楽しそうでしたね(^−^)
私も行きたかったんですが、いろいろ予定があって行けませんでした(涙)同人誌ほしいよ・・・
そういや、最初会場を間違えて大変でしたね.会場間違えると焦りますよね。あと、私もコスプレしている人たちが気になります。ていうか、コスプレしてみたいです。
やるなら諸葛瑾がいいです。あっ!でも、劉備もやってみたいな。面白そう。
最後に感想面白かったです!突っ込みが最高でした!
6. Posted by カナタ   2008年02月24日 09:18
桃春姫さん。こんにちは。

>私も行きたかったんですが、いろいろ予定があって行けませんでした(涙)
それは残念でしたね。同人誌は予想以上に買ってしまいました。いやーだって鋼鉄三国志なんですもの。

>そういや、最初会場を間違えて大変でしたね
いやー、間違えて入った5階のイベントの人には申し訳ない気持ちです。カブトの即売会の熱気にはビックリしました。

>コスプレしてみたいです
おおお。劉備ぃぃぃ。頭がすさまじいことになりそうですね。
ぜひぜひ次の夏コミにでもコスプレを!(笑)
諸葛瑾なら全然問題なくできそうですよね。

>最後に感想面白かったです!突っ込みが最高でした!
ありがとうございます。うれしいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks