2007年09月07日

クレイモア 第23話 臨界点

足の覚醒か。
なるほど、すごく面白い。足だけを覚醒させることによって獅子王に
対抗するスピードをつけると。


しかし、制御できないがゆえに直線的な攻撃にならざるを得ないと。

つねにクレイモアが覚醒と制御のバランスということに重点を置いている
ことがわかる。

今回は戦闘の演出も特に前半は結構よかった。制御できない足で戦うクレアと
それを防ぐ獅子王という感じが迫力があってよかった。後半はやっぱりちょっと
迫力不足だったかな。話が面白いからまあいいか。

しかし足覚醒しただけで獅子王と戦えるものか?結局覚醒というのはそこまで
能力があがるってことか?
しかし、覚醒させたのは足だけ。スピードがあがるのはわかるが攻撃力まで上昇
してる気がする。
あらかじめもっている量の妖力が決まっていて覚醒者にならないように普段は
セーブしているってのはわかるんだが覚醒状態と通常状態でそこまで違うもの
なのか…。
そうするとオフィーリアは弱すぎた気がする。NO4で完全覚醒したんだから
相当強いはず。しかし、クレアにやられたわけで…。
しかしあれはオフィーリアが残ったなけなしの人間の心で力を制御したとも考え
られる。死ぬときにクレアに友好的な言葉を残してたし。
いや、オフィーリアは覚醒の能力を制御できなかったがクレアは覚醒の足を制御
したってことか?
でももともと制御できないのが覚醒であって制御できないからといって破壊力
が弱くなるってことはないよな。無駄な動きが多くなるかもしれんが。


それよりもおそらくクレアが覚醒によって引き出した妖力が多かったと考えた
ほうが自然か。
ということはクレアがもっていた潜在妖力量が多かったってことになる。
と、するとテレサの血肉のおかげと解釈するのが妥当か。


テレサの分の妖力が加わっていたとなると獅子王に勝てるのはうなずけるし。
深遠の者ってのは元NO1が覚醒した人なんだから、テレサが覚醒したら妖
力は深遠の者と互角だろうし。
クレアが覚醒することによって実は受け継いでいたテレサの妖力が発動したと。


まあどちらにしても面白いことには違いない。

ラキが来たということはラキが何かするってことか。クレアの覚醒を止めるか?
ラキにも活躍の場がありそうだな。さすがは準主人公。しかしそう簡単にいかな
かったりするのがクレイモア。

ジーンさんもなんだか目覚めた。獅子王も倒した。戦闘終了かな?半分くらいの
クレイモアが生き残ったのかな。
しかし残り話数がまだある。ここからはクレアの覚醒を止める作業か?
とするとクレア対他のクレイモアってのもありえる。イースレーやプリシラも
いるけどさすがに戦う暇がないかな?どもこのままってのも…。


まだ何かあるぞ。なんか何でもありえるムード。やっぱりイースレーかプリシラ
と戦ってほしいってのがある。しかし戦うと更なる犠牲があがるわけで…。
むう、とりあえずクレイモア部隊を立て直しにいったん戻るという展開も
いいけどアニメはあと3話で終わるわけで…それだと結局イースレーやプリシラ
と戦わずに終わりってことに…。

これ以上クレイモアに犠牲が出てほしくない。でもイースレーかプリシラとの
戦闘もみたい。なんてのは贅沢すぎるね。


残り話数の問題が大きいな。やはり3クールでもっとゆったりやってほしかった。
そうすると個別の話を詳しくできるし。なんかリフルの会話とか原作から省略さ
れているセリフもあるって話だし2クールでは短すぎる。
そうするともっとおもしろかったかな。まあ、深夜アニメで3クール以上のアニメ
は皆無なんですけど。

2期やってくれないかな〜。

とりあえずクレイモア面白い。アニメ終わったら絶対原作読もう。

kanata37 at 11:02コメント(3)トラックバック(1)クレイモア  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. レビュー・評価:クレイモア/Story23 「臨界点 I」  [ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン ]   2007年09月08日 15:58
品質評価 25 / 萌え評価 25 / 燃え評価 75 / ギャグ評価 25 / シリアス評価 0 / お色気評価 25 / 総合評価 29<br>レビュー数 4 件 <br> <br> クレアが銀眼の獅子王・リガルドの右腕を叩き斬ることが出来た原因は、そのスピード能力の上昇にあった。雪煙が晴れる中、クレアが...

コメント一覧

1. Posted by レーレーダル   2007年09月07日 11:57
 どうもです。

 原作では両足だけでなく両腕も覚醒させてリガルドを倒しています。

 オフィーリアは覚醒を拒否していため、と愚考します。
 彼女の覚醒者への憎悪は凄まじく戦士になる発端を忘れさせるものでしたから。

 テレサが死亡しているため前回は深淵の者が上限と述べましたがこの作品での真の上限はテレサでしょう。
 何しろテレサの前にナンバー1だったローズマリーは覚醒体になったにも関わらずテレサに瞬殺されていた事が外伝で触れられています。
 最強と言われていた理由がここにあります。
 今回クレアがやったことを反則とするかどうかは見た人それぞれで答えが違うでしょうね。

 原作でラキはここでクレアと再会しませんし、全く姿を見せなくなりメインキャラから外されています。
 二期が作れないオリジナル展開で、クレアを人の側に戻す彼女の活躍がラキに奪われればファンは黒歴史として抹消すると思います。
2. Posted by カナタ   2007年09月07日 13:16
こんにちは。レーレーダルさん。いつもコメントありがとうございます。

>原作では両足だけでなく両腕も覚醒させてリガルドを倒しています。
そうなんですか。それすごい重要な描写じゃないですか。それをカットするのはよくないですね。
よくないというか致命的な省略…。なぜ省略するんだろうアニメスタッフは…。

>オフィーリアは覚醒を拒否していため…
そうですね。そう考えるのが一番妥当ですね。オフィーリアの死ぬときのセリフからもそうだと思います。

>テレサの前にナンバー1だったローズマリーは覚醒体になったにも関わらずテレサに瞬殺
それは強いですね。ということはテレサがもし覚醒者になったら現在の深淵の者をはるかに凌ぐ妖力量になっていたと推測できますね。そしてこれが上限ですね。テレサは死んでいるので現状での上限は深淵の者で間違いないでしょうけど。
3. Posted by カナタ   2007年09月07日 13:17
(上の続き)
>原作でラキはここでクレアと再会しませんし
>クレアを人の側に戻す彼女の活躍…
ということはラキが来ることはアニメオリジナルなんですか。先週、今週と戦闘の合間にラキのパートが入るので少し戦闘のテンポが悪くなっているように感じたんですがアニメオリジナルだったとは…。
しかも「クレアを人の側に戻す彼女の活躍」ということは原作ではクレイモアの誰かがクレアを止めるんですね。
そうすると原作ファンにはアニメのラキが相当嫌われていそうですね。確かに、このアニメのアレンジはいただけません。原作読んでない私でもダメなアレンジだってのはわかります。
「アニメでオリジナル展開」にすること自体は別に悪くないと思いますがクレイモアの場合は悪いオリジナル展開が多いみたいですね。
その点は残念かなと思います。
それでも原作がしっかりしているからだと思いますが、原作未読の自分にとってはアニメ版クレイモアでも全体として評価すると十分面白いと思うのでファンの間で黒歴史になるのは少しさびしいかなと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks