2007年08月31日

アイドルマスターXENOGLOSSIA 22話 「鍵とバット」

鍵とバットって…。鍵と釘を掛けてる?

というか、絶対見んな白衣がバット振り回してる姿見てドクロちゃん思い出した
はず。

何かほのかに感動した。
ラジオでやよいがはるかのお便りを読み上げるシーンに。
なんだろうね。

先週、春香に怒るやよいちゃんを見ているわけですよ。
まあ、もちろん本気で春香のことを嫌いになったりしたとかでは
ないとはわかっているわけですよ。春香のやる気のなさに憤慨していた
だけだと。


でもその先週のシーンを見て今週のラジオのシーン。なんだろうねこの感動。
友情っていうかなんていうか。理由はうまく説明できないけどなんか心にくる
ものがある。
やよいの「頑張れ」って言葉にやられました。


で、今回は脇役大活躍ですよ。
ドクロちゃんもそうだけど課長どんだけ強いねん。→→ダッシュ使ってたぜ。


虚数空間ってオイオイ。一度入れたら出せないってか。つーか、そんなにアイドル
を集められてアウリンだかタウリン1000gだかしらないけれど、それを開放
されるのがいやならアイドル一体だけ破壊すればいいじゃん。何でモンデンキ
ント本部はテンペスターズの核を破壊しないんだろ?


春香の復活。
基地の奪還。

何か戦いの準備は整ったな。

それでも、それでも話まとまるのかが不安。基地を奪われて奪い返してを1話で
やったんだぜ。そうとう急いでる。それなのにも関わらずまだまだやることが
いっぱいってどうゆうこと?
あと何話よ。途中遊びすぎたか?

3クール目やれ3クール目。やる価値は十分ある。

今回も話も1話でやるにはもったいないくらいの面白い話だった。実際そうとう
面白かったし。
ゆっくりやるべき話だ。


とはいえ途中(11〜18話くらい)のギャグ満載のほのぼの話も面白かった
わけで、一概にもっと早く展開してればよかったとはいえないわけで…。


面白いアニメは2クールでも短く感じるのな。贅沢いいすぎかな。

取り合えず今回の話を総括すれば非常に面白かったが真分がたりなかったと
いうことで。


kanata37 at 14:20コメント(0)トラックバック(1)アイドルマスターXENOGLOSSIA  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. レビュー・評価:アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)/第22話「鍵とバット」  [ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン ]   2007年09月02日 14:30
品質評価 14 / 萌え評価 10 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 4 / シリアス評価 26 / お色気評価 7 / 総合評価 13<br>レビュー数 64 件 <br> <br> 春香……です、おさわがせしました。 やっぱり、予告はわたしのものです……。 だからちょっとがんばります。 うん、伊織ちゃん...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks