2007年08月31日

クレイモア 第22話 ピエタ侵攻供ヾ響

クレア強くなったーーー。
なんよなんよ。クレアパワーアップするじゃん。手吹っ飛ばしたぜ。
来たか燃える展開?

とりあえずいままでの経験上安易に喜ぶべきではないのはわかっている。
パワーアップしたと見せかけてそんなにパワーアップしていなかったり
結局敵のほうが圧倒的だったりする。

今回は本物な気がする。

もちろん敵に余裕勝ちってことはないんだろう。クレイモアというアニメはそう
いうアニメじゃない。
でもなんにしてもこういう燃える展開はいいね。



ただ、結構最近戦闘パートが多いから思うんだが、戦闘シーンでの演出はまずま
ずだと思う。
もともと全般的な演出面は悪くないんだが…。話が良くできているからだと思う
が。多分原作が良くできているんだと思う(原作読んだことないんではっきりし
たことはいえないが)。
だからアニメでも話はいいし、ストーリー的な演出は問題ない。

特にクレアの中にミリアの血が脈々と受け継がれているという感覚がつねにも
てるような演出は良い。

獅子王という圧倒的な存在を前にしてのミリアの緊張感もよく表現されている。

ただ戦闘シーンが…。
速い攻撃は全部高速剣に見えたり細かい剣の動きが書ききれてなかったり。
キンキンキンーって場面多すぎないか?



残り3〜4話なんだが面白い。

ここまで先が読めないアニメも珍しい。クレイモアというアニメは基本的に容赦
ない。さすがに主人公が死ぬことはないだろうが主要キャラでも簡単に死ぬ。
そしてつねにクレアがパワーアップしたかと思うと結局的に圧倒される。でも
何とかみんなの力を合わせたり誰かが助けにきて『辛勝or敵が見逃してくれる』
という展開でクレアが生き残ってきたアニメだ。

でも、今回は誰も助けに来てくれそうにない。NO1NO2が助けに来てくれる
って可能性はゼロじゃないが望み薄だろう。ラキはくるかもしれないがラキが来
ても意味がない。
ラキが来てラキがパワーアップして獅子王を倒すって展開だったらどっちらけだ
しな。そんな展開はありえない。

とすると今回はクレアが何とかしなければならない。味方はいない。
そして今回こそ真のパワーアップをした模様。

ということは次回こそガチンコの獅子王対クレアの一騎打ちがみられるはず。
そしてクレアが勝つしかない……はず。

この『一体どうなる?』って感覚がシビれるぜ。クレイモア。


kanata37 at 11:47コメント(7)トラックバック(1)クレイモア  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. レビュー・評価:クレイモア/Story22 「ピエタ侵攻 II」  [ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン ]   2007年09月01日 20:48
品質評価 25 / 萌え評価 0 / 燃え評価 83 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 66 / お色気評価 0 / 総合評価 37<br>レビュー数 12 件 <br> <br> ラキが、覚醒者のプリシラが以前クレイモアだったという事実を知った頃、ピエタの町の広場では、クレイモアの4人、クレア、ヘレン、...

コメント一覧

1. Posted by レーレーダル   2007年09月01日 13:48
 お久しぶりです。

 クレイモアはパワーアップというより最初から強さが決まっていて自分の強さを調節できるが覚醒というデメリットがあり、本気の調節(?)が難しい。
 これまでに無かった図式でかつ強さの上限が深淵の者で固定されているのでドラゴンボールが抱えていた強さのインフレ問題を解決できているように思います。

 解釈が間違っているかもしれませんが…。

 ミリアVSリガルドはよかったのですが一部空を飛んでいるように見えてしまいました。

 原作既読(自分を含む)のファンには非難轟々です。
 北の戦乱に入って以降、特に今回は2chのスレとか見ると魔境の領域だと感じます。
 リフルのセリフは原作を理解するのに重要なセリフばかりなのにアニメでは削られているのが原因だと愚考しています………。
2. Posted by カナタ   2007年09月01日 16:36
こんにちは。レーレーダルさん。

>クレイモアはパワーアップというより最初から強さが決まっていて…

なるほど。ということはパワーアップしてみえるのは妖力開放に慣れて、覚醒するぎりぎりまで出せるようになったことによってであって、妖力量の上限が変わったわけではないということですね。
そうですね。その解釈が正しいと思います。パワーアップという表現はよくないですね。気をつけます。

>強さの上限が深淵の者で固定されているのでドラゴン…
確かに強さインフレの問題を解決できているように思います。強さが完全に序列化し固定するからこそ、格上のものを格下のものが力を合わせたり創意工夫して倒す楽しさがありますね。
(下に続く)
3. Posted by カナタ   2007年09月01日 16:37
(続き)
強さの上限が深遠の者で固定されているというのは深遠の者がかつてのNO1で、しかも覚醒者になることによって100%の妖力を出すことができるからという解釈でしょうか。
例え現在のNO1(原作読んでいないのでどんなクレイモアかもわからないのですが)が深遠の者よりも最大妖力量が多くても、100%出すと覚醒してしまうので結局、覚醒しないレベルまで妖力を抑えなくてはならない→そうすると深遠の者を上回れないってことだろうと思います(間違ってたらすいません)。
なるほど。そうすると深遠の者を倒すには普通の方法では不可能で何かしらの創意工夫が必要となってくるわけですね。確かにそこに面白さがあるように感じます。
(さらに下に続く)
4. Posted by カナタ   2007年09月01日 16:38
(続きの続き)
>ミリアVSリガルドはよかったのですが一部空を飛んでいるように見えてしまいました。
>リフルのセリフは原作を理解するのに重要なセリフばかりなのにアニメでは削られ…


漫画とアニメを比べた場合、アニメの最大の利点は「静止画ではできない動きの迫力がある」ことと、「アニメのほうが進みが速いので漫画では描ききれなかった細かい話まで表現できる」ということだと思います。
その意味で特に北の戦乱に入ってからのアニメが非難されるのは当然のことのように思います。
戦闘の演出はところどころ大雑把な部分が増えてきました。また、この22話は戦闘の合間にラキの話が入ったのですがそのラキパートを入れるタイミングも悪かったように感じました。

(まだ下に続きます)
5. Posted by カナタ   2007年09月01日 16:40
(続きの続きの続き)
しかもリフルの重要なセリフが削られているのですか。それはダメですね。アニメのほうが漫画よりも淡白な話になるのはかなりダメです。普通はアニメのほうが詳しくやるはずなのに…。

ちょっと、アニメは急ぎすぎた感がありますね。半年でコミックスにして9巻分くらいでしょうか?例えばドラゴンボールのアニメは10年で漫画42巻分です。1年4巻分しかアニメでは進まなかった計算になります。もう1クールあればもっともっと面白いアニメになっていた気がします。とはいえ全体的にはこのクレイモアのアニメは自分的に高評価ですけど。北の戦乱以前、特に1話〜12話くらいまでは戦闘にもかなり迫力がありましたし話はかなり面白いですし。アニメ終わったら原作も読んでみたいと思います。

すいません。超長文になりました。コメントありがとうございました。
6. Posted by エルメス 財布   2014年08月26日 18:50
http://www.api.lecco.it/offer/hermes-blog-4.htmlエルメス 公式 ホームページ
エルメス 財布 http://www.api.lecco.it/offer/hermes-blog-110.html
http://www.nifm.org.vn/Uploads/news/hermes-jp-38.htmlエルメス ピコタンロック PM マラカイト トリヨンクレマンス シルバー金具 HERMES PICOTIN LOCK PM
エルメス さいふ サイフ 二つ折り長財布 DOGON ドゴン H043070CK75 BLIE JEAN http://www.nifm.org.vn/Uploads/news/hermes-jp-645.html

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks