2007年08月27日

エル・カザド 第21話 羽ばたく女

いえっさ連発。

というか、この段階でギャグ話をもってくるとはすごすぎるぞエル・カザド。





ギャグ話というよりも重要な展開をギャグを交えて進めていった。

すごい。冒頭から

エリス1









これですぜ。ルーレットはりつけ。なにやってんのブルーアイズ。なになに。
体の上にチップを置くってか。そんなあほな。どこのエロアニメじゃ。
しかし、この雰囲気がいい。緊迫した場面でも笑いを忘れないエル・カザド。

まさに今回は緊迫の中の笑いの回だった。ブルーアイズさんがナディを遠くから
狙撃しようという話だった。そんな重要な局面なのにも関わらず笑わしてくれる
こと笑わしてくれること。

狙おうと思ったら岩に隠れる。出てきたと思ったらエリスと重なる。角度を変え
てもうまくいかない。

エリス2









こんなかわいいカッコしてコントみたいな動きしてるブルーアイズさんいいな〜。
最初のめがねかけて髪を上げてたときは何だったのか。というか、このカッコする
意味があるのかどうかもよくわからんがかわいいから許される。かわいいは正義。

しかも寝言で「ブルーアイズ」ってつぶやいたナディにビックリしてる。まあ、
つぶやくナディもナディだけどな。

そして結局、自分の道を生きることに決める。
しかも自分のことを魔女の末裔といいだすし、しかも能力使えないって意味な
いやん。

どうやらエリスについていってウィニャイマルカに行きたいみたい。なるほど
ウィニャイマルカってのは魔女が集まるところとか魔女の力が高まるところ
みたいだな、どうやら。そこではエリスが覚醒するっぽい。

エリス3









鳥詐欺にひっかかって鳥と捕まえなければいけないのにエリスはわざと鳥を
逃がしてしまう。実験体時代に籠の鳥だった自分とその鳥を重ねたのか、それ
ともただエリスがやさしいだけなのかわからないがこのエル・カザドはこうした
なんでもないできごとが胸に来る。

何度もいってるけど雰囲気がいい。いまやってるアニメの中でスカイガールズと
このエル・カザドは雰囲気が最高のアニメだと思う。スカイガールズは楽しい雰
囲気をキャラつくりから計画的に作り出している。で、このエル・カザドは神秘
的な雰囲気がある。

特にこの壮大なBGMによるところが大きいんだが他にもエリスのキャラ、エリス
とナディの2人旅ってところ、サブキャラクターがご都合主義で生き残るなんてこ
とはなく普通に死ぬってとこ…こういう点も含めて神秘的な雰囲気を作り出して
いる。そのおかげでこんなギャグ満載の話なのにもかかわらず、シリアスな場面
でのエリスの行動が心にひびく。

研究所での博士とのエピソードもそうだし。ナディと喧嘩して仲直りしたときも
そう。今回の鳥を逃がしたときもそう。感動する。できごとを箇条書きしてみると
安い話なのかもしれない。けどこの雰囲気、この映像が普通の話を心にしみる話
に変えてくれているような感じがする。


面白い。しかもいえっさ連発ですよ連発。エリスとナディあわせて4回。いえっさ
祭り。いえっさっていうだけでこんなに盛り上がるエル・カザド。


でも、どうやって終わるんだー。相変わらず話の進みがあまりない。
ローゼンバーグはそろそろ動けー。別荘にいるまま終わるのかよ!!

kanata37 at 08:40コメント(0)トラックバック(1)エル・カザド  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. レビュー・評価:エル・カザド/第21話 羽ばたく女  [ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン ]   2007年08月29日 19:45
品質評価 15 / 萌え評価 7 / 燃え評価 15 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 21 / お色気評価 23 / 総合評価 16<br>レビュー数 69 件 <br> <br> エリスの強行確保に今ひとつ踏み切れないブルーアイズ。彼女が故意に作戦を引き延ばしているのではと疑う議長は、ナディを排除して...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks