2007年08月17日

エル・カザド 第20話 囚われた女 感想

LA大活躍。
相変わらずキャラがいい。

主要キャラは
ナディ
エリス
リカルド
リリオ
LA
の5人。ブルーアイズとローゼンバーグ入れても7人。
主要キャラがかなり少ないのにもかかわらずキャラを売りにできるアニメ
ってのがすごい。

もちろんシナリオも申し分ないんだが。



ナディが狙われる話だった。

警察はLAに協力。エリスとナディを引き渡すかわりにLAに町から
でていってもらおうという算段。

それでいいんか警察。エル・カザドにでてくる警察のモラルの低さに絶望。
まあ、やはりLAにやられるわけですが…。


で、警察にナディが捕まってリカルドやエリスが助けにいく話なのですが

えるか1










LA襲撃。こいつの行動はわからん。エリスをさらいに来たと思ったら何もしない
で帰るし、ナディを攻撃しにきたと思ったらエリスを助けて帰ったり…。そして
ナディにエリスを任せたはずなのに今回も襲いにきた。

おとなしくウイニャイマルカに案内してくれよLA。とかいいつつ視聴者的には
こいつがでてこないと面白くないわけですが。

警官を襲うしナディのベッド斬って襲い掛かるし今回本気。

しかもナディの「人間らしい」って一言に怒り狂うLA。LAは自分は人間とは
違う、人間はおろかな生き物みたいに思ってるんだな。だから自分と同じである
エリスに惹かれていると。でも全然人間だと思うが…。
人間と違うのって跳躍力とか糸を使って攻撃できるとかぐらいじゃん。
エリスなら治癒能力みたいなのとかも使えるけどLAにはそれもない。
少し強化されてるだけで人間を超越していると思い込むとは…。

いや、むしろ人間に作られて人間でないということのコンプレックスの裏返しで
「人間らしい」って言葉に過敏に反応したのかな?

えるか2










エリスに取り押さえられるLA。
エリスを怒らせたら恐いぜ、どうなるかって?

えるか3










こうなった……ってえーーーーー。

どこ燃やしてるんですかエリスさん!!!

体の一部がホットホットですよ。そんなとこもやしちゃだめだろエリーース。
これにはLAも意気消沈。

「ウイニャイマルカまでは僕が連れて行ってあげるよ」といいのこして
去っていった。LA空周りしてるな〜。エリスが好きで好きでしかたない
のは見ていてわかるからこいつもなんかかわいそうに思えてくる。
こいつも報われてほしいな〜と思ってたら

えるか4










何してんのお前〜〜〜〜〜〜〜!!

裸で泣きながらシャボン玉wwwwwwwwwww
お前はシャボン玉王子か。いや、シャボン玉だからシャボン玉子くらいで
いいか。
前言撤回。こいつはあほすぎる。全然かわいそうじゃねえ。

シリアスな話になってきてるのに遊び心を忘れないアニメだな〜。
でも、もしかしてちょっと遊びすぎ?
だって、次週予告みてもあんまり話進みそうにない。
もう残り話数ないぞ。3クールってことはないだろ?
あと4話くらいで完結するのか?

ウイニャイマルカは?
さんざん意味ありげに登場するローゼンバーグは?
ブルーアイズはいつ本気で動いてくるの?

本当にまとまるんかいな。ここまですごい名作なんだから最後でつまずかない
ようにしてほしい。

と、いいつつちゃんとまとめてくるんだろうな。そういうアニメだわ、このア
ニメ。すべてにおいてクオリティー高いもんな。製作サイドを信頼だぜ。


kanata37 at 20:27コメント(0)トラックバック(0)エル・カザド  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks