2007年05月18日

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第7話

はーい。こんばんやよやよ。

今週も面白い。

なんかこのブログ、面白いばっかいっているように感じるかもしれないが
面白くなかったら感想書いてないもの。

瀬戸の花嫁とかながせれて藍蘭島とかも見てるけど面白くないから感想書いて
ないわけで。

まあ、そんなこと関係ないほどXENOGLOSSIAは面白い。


一番好きなキャラは真なのです。真。たぶんいままでの話見てもわかるとうり
XENOGLOSSIAの真はいい人ではない。冷血なイメージです。
でもそれでも真。つーかそれだからこそ真です。

ゲームの真もよかった。すごいかわいかった。男の子のような外見でありながら
心はしっかり女の子で、男の子のように扱われることに反発する。
かわいかった。
ポーズレッスンの「菊池真でーす。」に何回萌え死にしかけたことか。

しかし、少しかっこよさが足りないと思っていた。男勝りキャラには
カッコ良さも必要なのです。プリキュアのりんちゃんみたいな。

XENOGLOSSIA真にはそれがある。冷血な性格を補ってもあまりあるカッコよさ。
真、最高だ。


で、今回。






序盤。前回、千早がインベルを落とそうとしているところで終わっていたので
そこから。

インベルを投げ捨てる千早。どうなるのか、インベル。
で、オープニング。

オープニング終了後



えっ?インベルが落ちたとこ省略?


すでにインベルがぼろぼろで基地に収容されてる。なぜいいところを省略する?
基地内ではみんな手いっぱい。倉庫が誰もいない。
「雪歩ちゃん。搬入は?」

雪歩「………」

って

この状況で寝てるのかよ。


ひどい。雪歩株大暴落。みんな大変なときに睡眠はダメだろ。

で、医務室にいる春香を心配で見に来た伊織。

伊織テレテレ










ツンデレパワー前回。なんだこのかわいい顔は。
むう。これはいいツンデレ。伊織はゲームの伊織よりいい娘だな。

真も入ってくるが春香を心配してない様子。ちょっと春香かわいそう。
でも、かっこいいよ真。

真着替え









医務室にて医者に服を脱ぐように言われる真。
むう。これはきたか。ついにきたな。今週のサービスカットは真だ。
これは見逃せないって……


そのまま回想シーンに…


おい。サンライズ。それはないだろ。期待させておいて…

「D・V・D!D・V・D!」 


で、回想シーン。まあ、回想シーンあるわな。意味もわからずインベルやられま
したじゃあ納得いかねえ。

真がインベルよりも敵を倒すことを優先させようとしたシーン。
むう、真ファンの俺からみても少しひどい。しかし、千早って意外と弱いのな。
もっと強いのかと思ったけど真あいてに防戦一方。

でも、さすがサンライズ。攻撃シーンとかもかなりしっかり書けている。
ロボットにも手を抜いていない。
こういう作品って普通どうしても戦闘シーンがひどくなりがちなんだよな。

こんなふうに…








むさし







あっ、しまった。これロボットアニメでもないし、普通の例としては間違いだった。
全然普通のアニメじゃないからな。

それにしてもアイマスは戦闘シーンまで綺麗だ。


で、シーンが変わって雪歩

スパイ×スパイ











おい。誰と通信してんだ?
しかも、春香の状態を伝えてる。
まさか、雪歩はスパイか?
埋伏の毒?

これでスパイだとしたら相当優秀なスパイ。
でも、千早側のスパイじゃない可能性もある。他のところのスパイか?

ていうか、どこ?このフラグなに。

そのとき雪歩のパソコン画面には

弥生式










やっぱりこのやよいは会計ソフトの弥生だったか!


偽者だと思っていたが…。
正体を現したなこの偽者!


春香かわいそう










春香がインベルの前で悔し泣き。
春香もかわいいですね。頑張れ春香。立ち直れ。


インベルの修理も済んで出撃できる状態。しかし、インベルは動かない。
春香自身も怖がってんだろうな。
真がインベルを動かそうとインベルに近寄る。

真りりしい









りりしいぜ真。しかし、インベルは春香のものだぜ。

引きづりおろすぜ










ちょっとまったコール。伊織が実力行使。真をつかんで投げとばす。
おお、伊織。空気が読めてるな。そうしているうちにインベル起動。

インベル北よ










丘で物思いにふける春香の前にインベル登場。
かっこいいインベル。よかったな春香。

って、なんなんだこの燃える展開は。


ロボットアニメの基本を踏襲している。
偶然ロボットに乗ることになる→うまく動かして敵を撃退→パイロットになる
→うまく動かせたものだから調子にのる→失敗する→落ち込む→ロボットに
乗れなくなる→復活。
みたいな基本を踏まえつつこの速い展開でも燃えられる展開を作れている。


すごいな。サンライズ。劇場版のファーストガンダムを見ているような感じ
がするほど。なんていうか「展開が速いのに十分に魅せてくれる」という
感じ。

キャラはもちろんすばらしい。真は少し性格が悪いけれど、そこも魅力。
まあ、あれだ。かわいいは正義なんだよ。ましまろ精神だな。

あとは、敵が少しものたりないかな。千早はもうちょっと強くてもよかった。
それか敵の新機体登場に期待かな。

これで、七話か。もう15話分くらいみた感じがする。内容がつまっているよ
アイマス。

kanata37 at 12:09コメント(0)トラックバック(0)アイドルマスターXENOGLOSSIA  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks